ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民協働推進課 > 地域の「見守り」と「気づき」で消費者被害を防ごう!

本文

地域の「見守り」と「気づき」で消費者被害を防ごう!

記事ID:0007269 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

 知的障がいや精神障がいがある方、認知症高齢者の方は、障がいや疾病の特性により、その場で的確な判断や対応が出来にくいことがあるため、悪質商法の被害に遭いやすい傾向があります。
「見守り」と「気づき」で、地域の方々の消費者被害を防ぎましょう!

障害者見守りチラシ

3つの見守り力

1.伝える力

 消費者トラブルに関する注意喚起(市報の「知っとこ!消費生活情報」など)を、ご家族やご近隣の方々へ伝える

2.気づく力

 「もしかしたら、消費者被害に遭われているかもしれない」と気づく

3.つなぐ力

 消費生活センターへつなぐ

 

出前講座「だまされんばい!悪質商法」を実施しています

 消費生活センターでは、「だまされんばい!悪質商法」をテーマに、出前講座を実施してます。

 地域の学習会等でご利用ください。

※市の出前講座については、「出前講座を実施します」からご覧ください。

 

ひとりで悩まずに、鳥栖市消費生活センターまたは、お住まいの消費生活相談窓口へご相談ください。

  • 電話番号 0942-85-3800
  • 相談日時 月~金曜日 9時~16時
  • 場所 鳥栖市役所 市民協働推進課内 消費生活センター

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?