ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > SAGA2024国スポ・全障スポ > 「学校訪問2024」田代小学校を訪問しました

本文

「学校訪問2024」田代小学校を訪問しました

記事ID:0043964 更新日:2022年6月20日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

「学校訪問2024」とは

県と県内20市町共同のプロジェクトで、児童・生徒にSAGA2024(さがにーまるにーよん)国スポ(こくすぽ)・全障(ぜんしょう)スポの開催や実施競技などを知ってもらうとともに、大会への参加意欲を高めるため講話や動画の視聴を行うほか、スポーツ体験などの出前授業を行います。

田代小学校を訪問しました

令和4年6月7日(火曜日)に「学校訪問2024」を田代小学校で行いました。
当日は4年生2クラスの児童が参加して、県市職員からSAGA2024にまつわる話や市内開催競技の紹介があった後、チームにわかれて室内ペタンクを体験しました。

 

まずは県の講話から。
「いまなにかスポーツをしている人いますか?」
勢いよく手を挙げて自分がやっているスポーツを教えてくれました。

県の講話の後は市内開催競技の紹介をしました。


質問に手を挙げて応える児童の写真

 

講話の後は室内ペタンクの体験です。

室内ペタンクをする児童の写真2

頭を抱える児童の写真

狙った場所をボールがすり抜けて転がっていったのかな?
とても惜しかったのか、本人も頭を抱えて悔しそうです。

室内ペタンクをする児童の写真4

室内ペタンクをする児童の写真5

ボールの距離を測る職員の写真

メジャーで距離を測る児童の写真

室内ペタンクは、赤と青各6個のボールをすべて投げ終わった時点でビュット(標的)に1番近いボールのチームにのみ点が入ります。
ビュットに1番近いボールがどれなのか判断できないときは、メジャーでビュットからボールまでの正確な距離を測ります。

室内ペタンクをする児童の写真


講話の最中に「おもしろそう」「観に行ってみようかな」といった声がしていたり、元気いっぱいの返事をくれたり、興味を持って話を聞いてくれたことがよくわかりました。
室内ペタンクをしながら「これだけうまかったら選手になれるんじゃない!?」といった声もあり、競技会を観に行ってくれることも、デモンストレーションスポーツに選手として参加してくれることも楽しみにしています!
田代小学校4年生のみなさん、先生方、ありがとうございました。


SAGA2024<外部リンク>

SAGA2024鳥栖市オリジナルグッズを販売

実行委員会