ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民課 > コンビニ交付サービスを休止します

本文

コンビニ交付サービスを休止します

記事ID:0002062 更新日:2021年8月2日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

コンビニ交付サービスの休止について

 システムメンテナンスのため下記の日時において、コンビニでの戸籍証明書の交付を休止します。

 住民票の写しや印鑑登録証明書は通常通り交付できます。

 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

・令和3年8月26日(木曜日)9時00分から14時00分

 

 


 

利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカードを利用して、これまで、市役所の開庁時間に出向いて取得していた住民票の写しや印鑑登録証明書などが、全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのマルチコピー機設置店舗で取得できるサービスを、平成29年2月1日から開始しました。

証明書のコンビニ交付を行っていますの画像1
&利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号

マイナンバーカードを使って

証明書のコンビニ交付を行っていますの画像2
マルチコピー機を設置している

全国のコンビニエンス ストアなどで

証明書のコンビニ交付を行っていますの画像3
住民票の写しなどの証明書が受け取れます

1.利用できる方

 鳥栖市に住民票または本籍がある方で、マイナンバーカード(利用者証明用電子証明書搭載のものに限ります)をお持ちの方。

 マイナンバーカードをお持ちでない方は、早めに申請してください。交付申請の方法はこちら
 ※コンビニ交付サービスは、マイナンバーカードお受取りの2日後から利用できます。

2.取得できる証明書・手数料・利用できる時間

対象となる証明書

手数料

請求できる範囲

利用できる時間

住民票の写し

300円

鳥栖市に住民登録がある本人及び同一世帯の人の現在の住民票の写し

6時30分~23時00分

(土日祝日含む)

印鑑登録証明書

300円

鳥栖市で印鑑登録をしている本人の印鑑登録証明書
戸籍証明書

450円

鳥栖市に本籍がある本人及び同一戸籍内の人の戸籍及び戸籍の附票の写し

鳥栖市以外に住民登録している人は、事前に利用登録申請(注)が必要です。

9時00分~17時00分

(平日のみ)

戸籍の附票の写し

300円

  • ア)年末年始(12月29日~翌1月3日)及びシステムメンテナンス日(ホームページ上で随時お知らせします。)は、ご利用いただけませんので、ご注意ください。
  • イ)出生届や婚姻届などの戸籍届の直後など、利用できない場合があります。
  • ウ)市民課窓口で取得できる証明書とは用紙が異なりますが、用紙の両面に改ざん防止の特殊な印刷を施していますので、ご安心ください。
  • エ)証明書が2枚以上の場合、窓口で取得する証明書と異なり、ホッチキス止めされません。ページ番号と証明書に記載された固有の番号でひとつづりのものと確認することができます。提出時には漏れがないよう十分に確認してください。
  • オ)手数料減免を希望する人は、市民課窓口をご利用ください。コンビニエンスストア等での証明書取得の場合は手数料がかかり、後からの返金もできません。
  • カ)住民票コード付きの住民票の写し及びマイナンバー(個人番号)付きの住民票の写が必要な方は、市民課窓口またはサンメッセ鳥栖をご利用ください。コンビニエンスストア等での交付はできません。
  • キ)間違って取得された場合、返金や差替えはできませんので、ご注意ください。

(注)利用登録申請は、住所と本籍を関連付けるもので、コンビニのマルチコピー機で行うことができます。登録完了まで5営業日かかりますので、余裕を持ってお手続きをお願いします。
利用登録申請の方法はこちら<外部リンク>

3.コンビニ交付が利用できる店舗・利用方法

全国の下記コンビニエンスストア等でマルチコピー機が設置されている店舗でご利用いただけます。利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカードを持っていき、マルチコピー機のメインメニューから『行政サービス』を選択し、画面の案内に従って操作を行ってください。取得方法はこちら<外部リンク>

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ など

4.セキュリティ対策

  • 鳥栖市とコンビニエンスストア等との間は、専用回線を使用しデータは暗号化しています。
  • マルチコピー機は自分で操作し、コンビニの従業員を介さず、手数料の支払い、証明書の受取りもすべて自分で行います。
  • 証明書の取得後、マルチコピー機の画面や音声、アラームでマイナンバーカードや証明書の取り忘れをお知らせします。
  • マルチコピー機で証明書を発行した後、データはすぐに消去されます。

証明書のイメージ

マルチコピー機から印刷される証明書は、A4サイズの普通紙を用いていますが、高度な偽造・改ざん防止処理を施し、証明書の偽造や改ざんを防いでいます。
偽造・改ざん対策の詳細(けん制文字、スクランブル画像、偽造防止検出画像)については、
受け取った証明書の確認<外部リンク>」をご覧ください。

証明書のイメージの画像

5.その他の気を付けていただきたいこと

※マイナンバーカードに設定している暗証番号と一緒にマイナンバーカードを紛失されると、他人に証明書を取得されてしまう危険性がありますので、カードの保管、暗証番号の管理には十分ご注意ください。
※マイナンバーカードを紛失された場合、カードの機能を停止するため個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤルTel0120-95-0178または0570-783-578)にご連絡ください。
※設定した暗証番号を連続して3回間違えるとロックがかかり、利用できなくなります。また、暗証番号を忘れられた場合、暗証番号の再設定手続きが必要になりますので、市民課窓口にお越しください。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?