ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 税務課 > 個人住民税(市県民税)の案内です

本文

個人住民税(市県民税)の案内です

記事ID:0002798 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

 市県民税とは、「市民税」と「県民税」を合わせた呼び名で、住民税とも呼ばれ、1月1日現在の住所地で、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に応じて課税されます。
また、市県民税は、税金を負担する能力のある人が均等の額によって負担する均等割と、その人の所得金額に応じて負担する所得割を合わせた額となります。
なお、県民税は、市民税を納める時に併せて納めていただき、県民税は市を経由して県へ送られます。

市県民税の納税通知書を特別徴収義務者(給与所得者)には5月中旬、普通徴収者には6月初めにそれぞれ送付します。

市県民税が課税される人、課税されない人

市県民税は、一定の所得がある人が所得控除の金額の多少にかかわりなく定額負担する均等割、前年分の所得を元にして税額が計算される所得割の2つから構成されています。

市県民税が課税される人

  • 市内に住所を有する人………均等割+所得割
  • 市内に事務所、事業所又は家屋敷を有する人で市内に住所を有しない人………均等割のみ
    ※市内に住所を有するかどうか、また事務所などを有するかどうかは、今年の1月1日現在の状況で判断します。

市県民税が課税されない人

  • 生活保護法の規定による生活扶助を受けている人
  • 障害者・未成年者・ひとり親や寡婦で、前年の合計所得金額が135万円以下の人

  ※障害者、ひとり親や寡婦の人は申告が必要です

詳しい算出については、以下のPDFおご覧ください。
令和3年度市民税・県民税について [PDFファイル/425KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?