ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

移住者インタビュー

記事ID:0007353 更新日:2021年2月8日更新 <外部リンク>

鳥栖市へ移住した方に直接インタビューし、移住のきっかけや経緯、実際に住んでみて感じたことなどについてお話を聞きました。これから移住を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

移住者インタビュー Vol.1

移住者インタビュー Vol.1

仕事と子育て、いいタイミングでした

山田 裕子さん(30代、弥生が丘 在住)
移住時期 2008年
勤務地  福岡市
家族構成 夫・長女・次女

移住者インタビュー Vol.2

移住者インタビュー Vol.2

一念発起して、鳥栖での起業を決意

関 正峰さん(30代、多国籍料理店・米粉スイーツ専門店オーナー)
東京都出身で大手インターネット企業で企画・サイトプロデューサーの経歴を持つ。2014年12月に鳥栖市へ移住し、築250年の空き家で古民家カフェをオープン。現在は多国籍料理店のオーナーなどを務めながら、地域活性化の事業を手がけている。

移住者インタビュー Vol.3

移住者インタビュー Vol.3

いろいろな縁があり、鳥栖へ移住

西山 泰世さん(ロシア語通訳)
鳥取県出身のフリーランスの通訳。広島や関東などで生活後、2016年12月に中山間地域の鳥栖市河内町へ移住。鳥栖での通訳の仕事がきっかけで、友人に紹介してもらった空き家をリフォームして暮らしている。

移住者インタビュー Vol.4

移住者インタビュー Vol.4

鳥栖発信のブランドを作りたい

安武祥太・マリーさん(オリジナルバッグデザイン・販売)
福岡市出身の祥太さんとフランス出身のマリーさん夫妻。2017年2月、2人は結婚を機に鳥栖市へ移住。「自ら事業を起こしたい」という祥太さんの思いから、夫婦で会社を辞めて起業。オリジナルバッグのデザイン・販売を行う「C.MARIE」を立ち上げた。

移住をご検討の皆さまへ

鳥栖市ウェルカムガイド

移住者向けの冊子を作成しました。鳥栖市への移住を検討されている方は、ぜひ参考にご覧ください。

これからも、選ばれつづける鳥栖シティ! ~鳥栖市ウェルカムガイド~ [PDFファイル/8.36MB]

これからも、選ばれつづける鳥栖シティ! ~鳥栖市ウェルカムガイド~

お試し移住をしてみませんか?

鳥栖市への移住検討者を対象としたお試し移住事業を実施しています。
山あいの大きな家で、都市の利便性も、自然の豊かさも、イイトコ取りができる鳥栖市の暮らしを体験してみませんか?

鳥栖市への移住を体験!「河内町お試し住宅」

「河内町お試し住宅」パンフレット [PDFファイル/1.76MB]

「河内町お試し住宅」パンフレット

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?